Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Morbi eu nulla vehicula, sagittis tortor id, fermentum nunc. Donec gravida mi a condimentum rutrum. Praesent aliquet pellentesque nisi.

Uncategorized

HomeUncategorized

かのトーマス・ジェファソンがこんな言葉を残しました。 The olive tree is surely the richest gift of Heaven. 〜オリーブの木はまさに天国からの贈り物だ〜 彼の言葉は本当にその通りだと思うけれど、このオリーブのレシピを食べた時は、本当に天国に行ったかと思うぐらい美味しかったので、皆さんにシェアしたいと思います。 ご紹介します。ドルチェ・トンダ(またの名をノルカ・オリーブ)です。 オリーブの世界には、2つのタイプのオリーブがあります。皆さんご存知のように、一つはオリーブオイル用のオリーブ、そしてもう一つがテーブルオリーブと呼ばれるもので、マティーニに使ったり、フォカッチャに使ったりします。このテーブルオリーブは、品種によってはオリーブオイルにもテーブルオリーブにもなります(オリーブオイルに向かない品種もあります)。 世界中には本当にたくさんのテーブルオリーブの品種があります。このドルチェ・トンダは、プーリア州の州都バーリ市から北の地域でしか食べることができない品種です。同じような品種がきっと他の地域にもあるかと思いますが、全く同じかまたは別の品種かはわかりません。 ドルチェ・トンダは【ドルチェ=甘い、そしてトンダ=丸い】という意味があります。つまり、丸っこくて甘いオリーブという意味です。 ドルチェ・トンダ 甘いテーブルオリーブは、大抵オリーブオイルとお塩で軽く炒めることが多いです。特にアクを抜くこともなく、収穫したらそのままフライパンへ入れます。私たちのレシピは、ミニトマトと玉ねぎをそこに入れることで、さらにプーリアのパンとの相性が抜群になります。 レシピはとっても簡単です。間違えることはほぼ100%ありません。一番大変なのは、このオリーブを手に入れることだと思いますが、つまるところプーリアに是非来て食べてみてくださいね! オリーブ(ドルチェ・トンダ)の甘煮 秋の味覚の代表です 1/4 玉ねぎ (薄く切る)5 ミニトマト (半分に切る)1 大さじ オリーブオイル少々 塩 (味見程度に)1 掴み オリーブ まずは玉ねぎを薄く切ります。そのあとフライパンにオリーブオイルを入れて、玉ねぎが黄金色になるまでゆっくりと炒めます。半分に切ったミニトマトをフライパンに入れ、ひとつかみ塩も入れて蓋をします。塩を入れることでミニトマトからジュースが出やすくなり、ソースができます。もしミニトマトがあまり完熟していないようであれば、少しお水を足して調理を続けます。ソースができたら、オリーブを入れます。蓋はそのままです。オリーブの皮が向け始めたら、あと1分だけ調理します。味見して、オリーブがとろとろになっていたら、暖かいパンと一緒に食べましょう! You can try with other sweet table olive varieties if you cannot find dolce tondo olives. If you are worried about bitterness which most of olives have, don't worry, they are sweet as caramel and no need to do any prep before cooking.  If you have a red or yellow bell peppers, add it before cherry tomatoes. They add more sweetness into the sauce.